日常を仕事に

残念なイケメンの日常

仕事何していいか分からない、飽きっぽいくて1つに熱中することができない、大学ですることがない僕が今のスペックでお金を稼ぐためにブログを書き始めました。