残念なイケ〇ンだいがくせ〜

イケメンの無駄遣いと言われる残念な僕が知・徳・体を兼ね備えたかっこいい男になるために試行錯誤しております。

人間力とかいう目に見えなくて数字で測ることもできないもの

 

 

孔子ドラッガー」という本がたまたま図書館で目に入って

すぐ読みたいと感じて読んでる最中。

 

 

 

今ここまで読んで感じたのは、経営者またはリーダーとなる人は、

人間力が大事だということなのだが、

 

 

僕の尊敬するイチローは自分の求める理想に対して必要ないものは

徹底して省いているではないかと思い、

それを真似して、例えば、友達が今の自分の目標を達成するのに必要ないのなら

省くのはしょうがないと思っている。

 

 

あまり関わらなくなってから自分の時間は格段に増えたし

相手から連絡がくるわけでもないからそんなに自分のことを

必要としてないんだと感じている。

 

 

そしてさっきの人間力に話が戻るのだが、

人に対して誠意を持って尽くす必要があるのか???

これは自分が人からの見返りに期待し過ぎてしまい

それがないことが多かったために

人に尽くしても意味ないと感じてしまっているのか?

 

 

 

アドラー流に言うと人からの見返りに期待せず

ただ自分が他の人の役に立っているという感覚

共同体感覚を持とうとあったけど、

 

 

人に対して誠意を持って与えることを

自分の中で肯定付けることだけが重要で、

そこから返してくるかは相手次第であり、

なければ自分の誠意と見返しするほどのものをあげれてなかっただけと考える。

 

 

そうすることは自分と相手を分離することなのだということか。。。

 

 

 

 

また、標に対して必要のないものは省くと考えながら

経営者として必要な顧客に対してだけ誠意を尽くせばいいということか?

 

という考えも浮かんだけれども、

先に書いた内容で心が落ち着いてしまった。

 

 

単に自分の知識が足りないだけかもしれない。

それに人生において成功していると言われる人全員が

同じように考えを持つわけではないので1つの人生訓として

心に留めておくくらいにしておきたい。

 

 

 

最後に

いろんな人の考えを本を通じて学べるけど

結局は自分の血肉とすることが大事だと思っている。

答えなんてないけど、それを求める過程が楽しめるようになればいいんじゃないかな。

人間力についてはまだ読みながら考えていきたいです。

 

語彙力のないなりに頭良さげぶった感じになりました。