日常を仕事に

残念なイケメンの日常

仕事何していいか分からない、飽きっぽいくて1つに熱中することができない、大学ですることがない僕が今のスペックでお金を稼ぐためにブログを書き始めました。

「もういいや」と思ってもまだ諦めないで!

 

もういいや

 

 

この言葉が思い浮かんだ時自分はどんどん負のループに落ちていきます。

 

目標を掲げた時に自分の中でルールが

勝手に出来ていくまたは

目標に向けてルールを作ると思うんですけど

 

 

それを破ってしまった時に

ルールの真逆の方向に一気に加速していきます。

 

 

例えばダイエット。

1日で1500kcal食べると決めていて

1500kcal以上食べてしまったら

 

もういいや、どうにでもなってしまえ

 

 

お菓子にごはんに無限に食べてしまいます。

 

 

今もいつもだったら寝ているのに

決めた時間を過ぎてしまったせいで、

まだダラダラと起きてしまっている。

 

 

この現象はどうしても逆らうことができない。

 

 

スタンフォード大学の自分を変える教室とかいう本に

 

どうにでもなれ効果」というのがある。

概要はこんな感じ。

 

人はストレスを感じると、脳は誘惑に負けやすくなる。

つまり、気分を安定させようと、報酬システムが稼働し、

気が晴れるようなことをさせようとする。

結果、本当は効果がないのに、目先の報酬に飛び付いてしまう。

 

 

この時の対策としては

その状況に直面した時に自分に何と言っているか?が重要となるそうです。

 

 

『失敗したのは自分たち欠点のせいだ』と自己批判

常にモチベーションの低下や自己コントロールの低下を招きます。

さらに自己批判うつ病の最大の予兆であり、

うつ状態では『やる力』や『望む力』が失われてしまいます。

 

 

 

 

これに対し自分を励まし、やさしくすることは、

やる気の向上や自制心の向上につながる。

 

失敗したことについて、

自分に思いやりをもって振り返った場合のほうが、

 

自分を批判した場合よりも、

『失敗したのは自分のせいだったのだ』と認めやすくなり、

他人のアドバイスを聞き入れ、結果、失敗の経験から学ぶことも多くなる。

 

自分を許すことで、恥の意識や苦しみに苛まれることなく、

事実をありのまま見つめられるので、失敗を繰り返さないようになる。

 

 

 

 

ここで簡単なエクササイズを! 

 

 

《失敗した時に自分に思いやりをもつエクササイズ》

①どんな気持ちがするか、言葉にする。
②誰だって失敗する。だって人間だもの、と考える。
③友人が失敗した時にどんな言葉をかけてあげたいか。

 

 

 

落ち込んだ時、たちどころに気分を晴れやかにする方法。

それは、『自分は変わるんだ』と決心すること。

変わると決めたら、見事に変わった自分の姿を想像し、努力し続けることが大切。

 

 

 

また、自分が最も誘惑に負けやすいのはどんな時か、

自分にどんな言い訳をしているか、失敗の様子を想像しよう。

 

 


そのあとに想像上の失敗を成功に変えてみる。

自分の決意を守るためにどうすればいいか、具体的に考えてみる。

その時、どんな感じがするか、頭の中ではっきりと思い描いてみる。

成功した姿を具体的に思い描くことで、目標達成の必要なことを続ける自信がうまれる。

 

 

 

目標を立てて、頑張ろうって人ほど

自分に対して厳しくて

甘やかすのが苦手だと思うので、たまには優しく見てあげましょう!

 

 

 

 

自分のことって意外とわからないんですよね!

自分から自分は見えません。

だから比較しようにもできていない部分があります。

僕は人と比較する、されるのは嫌いですが、

プラスの意味で比較するときはあります。

 

まあ、自分を客観的に見るということは大事だってことです! 

 

 

 

最後に

もういいやって諦めようとする人は 

もう少し頑張ってみてください!自分を責めすぎないで。

何かを頑張ろうって思っているだけまだあなたは変わろうとしています。

僕もお金稼ぐために勉強頑張るので、一緒に頑張りましょう!