日常を仕事に

残念なイケメンの日常

仕事何していいか分からない、飽きっぽいくて1つに熱中することができない、大学ですることがない僕が今のスペックでお金を稼ぐためにブログを書き始めました。

職人・神様から学んだこと

 

 

youtubeにあなたのオススメとして

上がってきた

「和食 2人の神様 最後の約束」をみて

 

 

今まで自分がどれほど浅はかだったかを

身に染みて感じた。

 

 

比べられる相手とかそういうレベルではないけれども、職人として更に上を目指す

向上心に久々にやる気をもらった。

 

 

 

1つの寿司、天ぷらの味を最大限に引き出す。

そのために研究を重ね、準備をし、

積み重ね、積み重ねてやっと1つの作品が出来上がる。

 

 

1つのものを作るためにどれだけ準備をしたか

どれだけ試行錯誤したか

 

 

この1つに対してのこだわりが

何十年も積み重なって誰にも作ることのできない寿司や天ぷらを生み出す。

 

 

 

もし何かを極めたいのならこういうことなんだなって分かった。

 

 

表に出す寿司や天ぷらを作るために

裏でどれだけ仕込みに手をかけるか

 

 

何度も同じことを書くようだが、

1つのものに対してどれだけ情熱を注げるかが大事なんだなって感じた。

 

 

ただてさえ飽きっぽい自分は何事もこだわったことがない。

いろんなことに手をつけてきたし、

どれもある程度はこなせるようにはしてきた。

 

そんな中で自分は結局、

なんで今までいろんなことをやってきたのか?

どうせ続かないと思いつつもまずやってみようとなっていたのか?

 

 

やってきたことが何に向かっているのか

どんな目標を達成するためにやっていたのかを

抽象的にすると、

かっこいいって自分が納得できることを

やろうとしていたのではないかと思う。

 

 

この内容自体が抽象的すぎて何言っているか分からないかもしれないけれど、

もう一度自分と向き合って、

俺は結局何をしたいのかと

いうことを考えました。

 

久々にブログを書こうとする気にもなったし

自分的には良しかなと。

 

 

これからはブログでお金を稼ぎたいなら

準備にどれだけ情熱を注げるかが大事だと思いつつもやっぱりそれってめんどくさいなって思っています。

 

 

でも、情熱を注げるほど楽しいものを探すのではなくて、何か1つに情熱を注いでいくことが大事なんじゃないかなって思います。

 

 

テスト勉強頑張ります!