残念なイケ〇ンだいがくせ〜

イケメンの無駄遣いと言われる残念な僕が知・徳・体を兼ね備えたかっこいい男になるために試行錯誤しております。

オシャレになりたきゃ悩まず、良いと思った服全て買え!

 

 

 

大学生でオシャレに服を着こなして、

・女の子にモテたい

・友達からもかっこいいと言われたい。

・目立ちたい!

・かっこいいと有名になりたい!

 と思ってるけれど、

 

どんな服買っていいか分からない。

自分になにが合うか分からない。

ってなりますよね。

 

 

僕も今でもそうなんですけど、服って大量にありすぎるけれども意外と男物ってデザインが決まりがち。

 

よく周りを見て下さい。

黒パンツに白のティーシャツにma1という大学生の制服。

 

 f:id:hiropipipi:20170924092855j:image

 

普通に綺麗で無難でいいと思います。

服に無頓着な人も多いですから、最低でも身だしなみを整えておくだけでかっこいいです。

 

しかし、男なら誰しも夢見るモテ男。

地上最強の男ではないですよ〜。笑

 

オシャレになる動機が不純かもしれませんが、

かっこよくなって損なことはありませんし、

どうせなら輝いた大学生活を送りたいですよね。

 

 

今回はかっこよくなるための1つの手段であるオシャレになるための洋服の購入について書きたいと思います。

 

 

服を買うのって躊躇しちゃいますよね。

 

やったー!!今月の給料が9万も入ったぜ!

さーてどの服買おうかな?

ダダのチェスターコートもいいけど、ちょっとお金かかるし、BEAUTY&YOUTHで買おうかな。なんて考えるのは服について考えるようになったオシャレな大学生です。

 

 

給料が入ってまずは服を買おう!と思っていないですよね?

自分の趣味に使ったら、友達とご飯、ドライブに、旅行に行くなど違うことにまずは使おうと考えていることでしょう。

 

そして、巡りに巡って、

「やばい。冬服ないやん。また同じのばかり着ていくのは嫌や!なんか買わないと!!!」と思った時に友達と服を見に行くかZOZO TOWNを見ていると思います。ありがちですよね笑笑

 

ですが、少しでもオシャレなりたい。

そう考えるのであれば、服には投資すべきと僕は考えます。 

 

 

なぜ迷わず買うべきか。

 

 

僕の実体験ですが、オシャレと言われるのは結構簡単です。少し高い綺麗な服を買って、違和感なく組み合わせることができれば確実に言われます。(ここが難しいと言う人はコメントください。なんとかします。)

 

普段の生活もコーヒーや写真が好きなど女子が好きな趣味をもって、女子が行くとこに行けば洒落てるって言われます。

これでは違うと思うかもしれませんが案外単純なことです。

 

 

んで、なぜ迷わず買うべきかと言うと、オシャレな服装をするためには買ってみないと分からないからです。

 

さっきも書きましたが、服は限りがないほど種類が溢れています。

白のティーシャツをとっても、

  • 丈が長いもの
  • 襟が長いもの、短いもの。
  • 袖が長いもの、短いもの。
  • 生地によって光沢感があるもの、くすんで見えるもの。
  • ビックサイズのもの、タイトなもの。など

 

様々な形のものがあります。それを1発で自分に合うのはこれだ!と見分けることができるわけありません。特に買い始めは!

大学生なら受験のために勉強したことがあると思いますが、参考書を買う時に自分に合う合わないがあったと思います。

 

服にも同じことが言えるわけです!

 

〇〇君が着ているから買おう!と思って着てみたら自分のイメージしていた感覚で違うなんてザラです。

ですのでまずは自分の感覚を信じて買ってみる!そして、色んな服と合わせてみる!

難しいようですがなんでも試行錯誤しないといい物は見いだせないと思います。

 

 

迷わず買って自分の資産にしていきましょう!

良い服ダメだった服。全てが自分が今後かっこよくなるための資産でしかないです。これは間違いなく言えます。オシャレな人は間違いなくお金を費やして色んな興味のある服を買っています!

 

 

最後に関係ない話ですが、、、

 

 

服について書きながら、勉強について少し例として出してみました。少し抽象的な話になりますが、何かについて極めようと励んでいる時、

その行なっていることを抽象的に考えると、色んなことの共通性に気づくと思います。

 

例えば今回で言うと、量と質の話ですが

まずは量を優先して色んなものに手をつけてみる。その過程で自分にはこれが合ってる!と質が磨かれていく。

 

「ファッション性を高める」から離れてみて、

何かに励んでいる。そうやって抽象的に考えることで、別のことで何かについて励もうとする時に、自分はこういうやり方が合ってると見出せる。

 

この「やってる事象を抽象的にして考える」ともっと色んな発想ができるのではないかと思います。

 

以上です。