残念なイケ〇ンだいがくせ〜

イケメンの無駄遣いと言われる残念な僕が知・徳・体を兼ね備えたかっこいい男になるために試行錯誤しております。

1日が楽しくないのは大学生になって趣味が無くなったからじゃないですか?

 

 

 

趣味はなんですか?

その質問に「自分のこれだけは熱中している趣味だ!」と言えることはありますか?

 

 

僕は服を着ること、見ること、コーディネートすることなどファッション関連が趣味ですが、

今これを見ているあなたに趣味はありますか?

 

飲みに行ってワーワーすることですか?

ただ人とだべってることですか?

寝ることですか?

 

人の趣味なので、自分で勝手に定義すればいいですが、どうせなら人に自慢できるような趣味がほしくないですか?

 

 

今回は大学生でなくなったであろう、趣味の作り方について書きたいと思います。

 

 

なぜ趣味がなくなってしまったのか?

 

 

なくなったと書きましたが、前提として高校までは趣味があったとします。

高校までは誰もが部活に入っていたと思います。友達に誘われた、自分の将来の夢があってそれに関係するスポーツを始めたなどで部活をしていたと思います。

 

 

現在、大学生活ではどうですか?

もう将来の夢がプロスポーツ選手が無理だと分かった今は部活として本気で4年間もやるなんて考えられもしませんよね。

プロを目指さなくても、最後に遊びまくりたいと思って部活に時間を取られまいと

楽なぬる〜いサークルに入ったと思います。

 

 

僕が考えるに、趣味は部活に関連したことが多いのではないかと思います。

もちろん関係ない趣味を持っている人はいますが、そんな人はこのページに辿り着かないと思います。

 

 

その熱中する部活が無くなった今、

趣味もなく暇な毎日を過ごしているのではないかと考えます。

 

 

 

あなたにとって趣味とは?

 

 

あなたにとって趣味はどういうものですか?

 

  • 気分をリラックスさせるもの
  • 寸暇を惜しんで励むもの
  • 休日にやること
  • もしかしたらお仕事

 

などなどそれぞれ人によって定義があると思います。(思ったよりドンズバな定義が思い当たりませんでした笑) 

 

 

ネット上に転がっていた定義としてはこう書かれていました。

 

趣味(しゅみ)は、以下の2つの意味を持つ。 人間が自由時間(生理的必要時間と労働時間を除いた時間、余暇)に、好んで習慣的に繰り返しおこなう行為、事柄やその対象のこと。 道楽。 物の持つ味わい・おもむき(情趣)を指し、それを観賞しうる能力(美しいものや面白いものについての好みや嗜好)のこと(英: taste)。

 

出典:

https://m.facebook.com/events/1801793900039787

 

 自由時間に好んでやってることならなんでも趣味と言えそうです。今、こうやってネットサーフィンしていることも趣味。youtubeを見てベッドに横になっているのも趣味。それを好んでいればの話ですが。

 

 

でもこんな悲しい趣味を人には言えないですよね。子供の頃ならなんでも言えました。大人だって応援してくれるし、周りの友達もみんな大きなことを言ってた!

大人になっている今は違う。世間体を気にするなと言われても絶対に気になるもの。

だったらなんか趣味見つけましょうや!

 

 

 

どうやって趣味を作るか?

 

 

僕のファッションの例をとって話をさせて頂きます。

 

まずはなんでもやってみること!

適当に興味のある分野の勉強をする。飽きたらやめりゃいい!やっても意味ないなと感じるまでやってれば2度とすることは無くなると思います。

 

 

そして、お金をかけること!

心理的な面からの催促ですが、ずっとお金を積み上げていれば辞めづらくなるものです。

高い物を買ったら普通なら売りたくないですよね?勿体無いって気持ちが物事を続けるモチベーションの1つになります。

辞め時が難しくなるというリスクを抱えることにもなりますが。

 

 

最後に、環境を作ること。

インスタやツイッターで趣味の情報を集める別アカを作る。そうすると、見てる間にそのことを考えるようになります。

周りの友達も共通の趣味の人を集めましょう!

その話ばかりすることになるし、お互い切磋琢磨することになります。

 

 

趣味を作るだけではなくて、作って人に聞かれても誇れる趣味を作ることが今回のテーマなので、流れとしては、

 

まず始めてみる。

続けるようにする。

 

どの分野でも共通の方法となりました。

 

参考になればと思います!